Vラインの減毛について

Vラインとはビキニラインの略称のことで、ビキニタイプの下着や水着を着た時にはみ出る陰毛のことを言います。VラインやIラインに生える陰毛はエチケットや美容のために処理する必要があり、自己処理方法としてはシェーバーで剃ったりワックスで脱毛したりする方法が挙げられます。ただし、この部分は特に皮膚が薄くデリケートな部分であるので、強い刺激を与え過ぎると肌荒れを起こしたり色素沈着を起こす恐れがあります。 完全に処理してしまうためには、指定の医療機関でニードル脱毛やレーザー脱毛を受ける必要があります。ただし、この方法は高い費用がかかる上に強い痛みを伴うというマイナス面もあります。それらを避ける方法として、エステサロンでフラッシュ脱毛などによる減毛施術を受けるという方法が挙げられます。この方法により永続的に脱毛状態が続くという訳ではありませんが、毛周期にあわせて繰り返し施術を行うことで確実に減毛していくことができるため、自己処理が簡単になるという利点があります。

Iラインのムダ毛を薄くする利点

人間の体に生えているムダ毛というのは、肌を保護する目的で存在しているものです。とはいえ現在は肌を保護する為の洋服を身につけて生活する文化が発達し、体毛によって肌を守る必要はなくなりました。その結果、本来は肌の保護を目的とする存在価値を持っていた体毛はムダ毛と呼ばれる存在に変化したのです。体毛はとても広い範囲に生えています。女性の場合はこれらのムダ毛をきちんとお手入れすることが当たり前になっていますが、中にはお手入れが難しい部分もあります。お手入れが難しい部分の一つとして挙げられるのがIラインです。その為この部分はムダ毛処理を行わない女性も少なくありませんでしたが、最近は衛生面でのメリットからIラインのムダ毛を薄くする方も増えてきています。女性には毎月月経があります。月経中はどうしても経血によって周囲のムダ毛が汚れてしまうというデメリットがあるのです。脱毛サロンで周辺のムダ毛を薄くする施術を受けることで、少しでも経血による影響を減らすことが可能になります。

Oラインの自己処理、みなさん、どうしてますか

恥ずかしい話、みなさんはお尻の周り(Oラインっていうみたいです。初めて知った…)に毛って生えてますか。実は私…生えてるんです(恥)。もっとも、男の人みたいな黒黒としたした毛がビッシリというわけではなく、産毛みたいな細ーい毛が穴の周りを覆ってるんです。普段は特に意識しないんですが、大好きな彼氏とのエッチの時なんか、もう見られないように必死です(笑)。まあ、お尻の穴まで見てくるような男の人はこっちから願い下げですけど、もし万が一の場合っていうのがあるじゃないですか。だから、初めての人とそうなるような場合は前もって、Oラインの自己処理をするんですが、これが結構面倒で大変。毛抜きで抜くのはまずNG。痛いし、抜いたところからバイ菌でも入ったら大変なことです。カミソリでやる場合も、お尻の穴まで傷つけないように十分に注意して。私の自己処理のオススメは、脱毛ムースを使うこと。鏡を下に置いて、それにまたがるような格好で座り、注意深くお尻の周りに塗っていきます。多少、お尻の穴にムースが付いても大丈夫なので安心してくださいね。最近では、エステでも専門のコースがあるようなので、私もお金に余裕が出来たら行ってみたいです。